京都山科毘沙門堂
撮影日:2017/11/16
= Home =
>下の写真をクリックすると大きく表示され 、その写真をクリックすると
順に表示されます。

毘沙門堂は天台宗五箇室のひとつで、高い寺格とひなびた山寺の風情を伝える古刹(コサツ)である。
創建は文武天皇の勅願で僧行基によってひらかれた。境内の諸堂は近世の門跡寺院特有の景観を伝える貴重なもので、
その多くが京都市の有形文化財に指定されている。山科盆地を見下ろす山腹に位置し、春の桜、秋の紅葉は有名である。

このページはモバイルフレンドリーです。